メガネをかけたまま成田空港の顔認証ゲートを通過できる

旅行

成田空港で顔認証ゲートが使えるようになって約1年。便利ですね。ほとんど列ばないし時間もかからないし。

ぼくのパスポートの写真は「メガネなし」ですが、ほとんどいつもメガネをかけているので、そのまま通過したい。ちょこっと外せばいいのに、めんどくさがる体質です。

スマホの顔認証では、メガネの有無にかかわらず認証されるので、成田空港の顔認証ゲートでも試したらできましたよ。

2往復(出国2回、入国4回)試してみましたが、どれも無事通過できました。
楽でいいですね。

顔認証ゲートは便利

2018年から本格導入された顔認証ゲートは、パスポートを読み取り部分に広げて、顔を向けるだけ。

パスポートの写真があるページをコピー機の小さいのでスキャンするみたいな感じです。

以前の移動化ゲートでは指紋を登録する必要がありましたが、ぼくの指紋は登録できませんでした。

冬の乾燥した季節に登録しようとしたのですが、親指から薬指までどの指も認識できなかったんですよ(小指は認証の対象外)。2回チャレンジしたのですがだめでした。

スマホも、冬になると指紋で開かないときがあるので顔認証かパスコードを使います。

顔認証ゲートは、パスポートのICに入っているデータと比較するだけなので登録が不要です。あっという間に通過できていいです。

メガネを外すのは面倒くさい

顔認証ゲートでは、パスポートを広げて読み取り部分におきます。コピー機を使うときと同じ感じですね。

このとき手荷物を持っていると、片手に荷物、片手にパスポートを持つと、メガネを外すのがめんどい。

パスポートを開いてスキャンさせるのも両手のほうが便利です。

顔認証ゲートの台は傾いているので、メガネを置くスペースがないんですよ。

だから片手にメガネを持ち続けなければならない。

あらかじめメガネをを外してケースにしまってから顔認証ゲートに行けばいいんですけどね。

メガネをかけたままゲートに入ってみた

スマホの顔認証でも、メガネなしで登録してメガネをかけてても認証できるので大丈夫だろうなと思ってましたが、入出国でエラーが出てやり直すのは気が引けるので試してなかったんですが、やってみたら無事通過できたというわけです。

フレームが太いメガネだとどうなのか、法務省のWebサイトだと「サングラスはだめ」ということになっています。

どんなメガネまでOKなのかはスマホの顔認証で試してみるのがいいですね。参考にはなるでしょう。

メガネをかけなくても認証されないこともある

今回、出国で顔認証ゲートを通過しようとしたら認証されませんでした。

普通は認証が終了するとゲートのランプが緑になって開くのですが、いっこうにランプの色が変わらず、パスポートを置き直しても反応しませんでした。

それで隣のゲートを利用したら無事通過できたので、何かの読み取りエラーだったのかもしれません。

ちなみに、「読み取りに失敗してもエラー音がなるわけではない」ようです。
「ブー」とかエラー音がなったら嫌ですから。

外国での入出国審査はメガネを外したほうがいいかも

以前はメガネをかけたまま入国していたのですが、5年くらい前から「メガネを外せ」と言われるようになりなした。

入国審査で顔の写真を撮る国は、メガネを外すように言われるのが普通だと思います。

オーストラリアなど顔認証ゲートが導入されている国もあるようですが、試したことがないのでわかりません。

というか、最近は指摘される前にメガネを外すようになりました。
入国拒否されたら嫌だし。

ぼくはタイへの入国を繰り返していますが、頻繁に入国しようとして入国拒否されたという話をポツポツ聞くので、できるだ突っ込まれないようにしたいと思っています。

税関の申告カウンター

日本に入国(帰国)するときに通過する税関のカウンターでもパスポートを確認します。

ここではメガネを外したことがないし、言われたこともありません。

税関も顔認証ゲートになるらしいので(今は成田空港第3ターミナルで運用中)通過が便利になります。

チェックインカウンター、搭乗手続き

パスポートと顔をチェックするのは、入出国審査のほかに、チェックインカウンターと搭乗手続きもあります。

搭乗前にパスポートの名前、搭乗券、写真、顔をのチェックをしているようですが、ぼくはメガネをかけたままです。

いちどだけメガネを外してと言われたことがありますが例外ですね。

入出国審査以外は無視してもよさそうです。

まとめ

空港はパスポートを確認する場所が多いですね。

年々セキュリティが厳しくなるので当然ですが。

自動化ゲートの顔認証は優秀なので、メガネの有無くらいでは別人と判断されることはないのでしょう。

そのうち入出国審査に立ち止まらなくてもいい時代がくるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました