すぐに臭くなるスポーツウェアは中性洗剤で洗え

ウェア

スポーツウェアは汗をかいて何回も洗濯するうち、ニオイが取れなくなります。

というより、選択直後なのに少し汗をかいても「むわーっ」と悪臭が広がるようになります。これが悲しい。

洗濯直後のウェアを着てジムで運動はじめたとたん悪臭が広がるのはカンベンしてほしい。

まあ悪臭を放つのは気配があって「洗濯しても臭くなってきた」と感じるようになり、その後何回か洗濯するうちにたまらない悪臭を放つようになります。

なので、悪臭を放つ気配を感じたらそこで対策したい。

この記事では、悪臭を放つ気配を感じたらできる方法をご紹介します。

スポーツウェア用洗剤を使う?

スポーツウェア用洗剤があります。

「アリエール プラチナスポーツ」が史上最強と謳っています。これなら悪臭を除去できるのか?

アリエールによると「合成繊維は皮脂の汚れがつきやすい」のだそうです。合成繊維は石油由来だから親油性が強いらしい。

ほんとなのか?

「木綿繊維も汚れの元が繊維の奥に入ったら取れないだろう」と思いますけど。

まか、スポーツウェアは化繊がほとんどだし、

洗濯していても、使用期間が長くなると異臭を放つようになるのは実感します。

やっぱり皮脂の油汚れなんでしょうか?

 

Amazonでのレビューを見ると「効果はもう一つ」と言う人もちらほらいますね。

低レビューの中身は「期待したほど汚れが落ちなかった」という感じ。

僕の目的は「洗濯直後にもかかわらず、すぐに悪臭を放つ状態をなんとかしたい」なのでちょっと違う。

でもレビューの中にも「香りが強かった」というのもあります。

香りでごまかしているのか?

と懐疑的なので、スポーツウェア用洗剤は使わず中性洗剤で洗うことにしました。

油汚れなら中性洗剤でしょ

アリエールの説明どおりスポーツウェア用の汚れは皮脂など油成分がが多いなら、

「油汚れなら中性洗剤で洗えばいいんじゃないの?」

と思いませんか?

油汚れの食器を洗うには中性洗剤を使ってるし。油汚れの皮脂を落とすには中性洗剤ですよね。

洗濯業界では、皮脂は弱アルカリ性の洗剤が効果的とされています。

皮脂やウェアに付着したタンパク質は弱アルカリ性が落としやすいらしい。

でも、その前に手頃な中性洗剤を使ってみましょう。

洗濯する方法としては、

「ウェアを洗濯機に入れて、普通の洗剤の代わりに中性洗剤を入れる」

というのが一般的な方法なのですが、僕がやっている方法は

  1. あらかじめ中性洗剤で軽く手洗いして
  2. 洗濯機に入れて、普通の洗濯洗剤を利用する

と言う方法です。

悪臭のもとになる皮脂汚れを中性洗剤でおとして、残りは普通の洗濯洗剤で落としています。

効果は?

中性洗剤で洗った効果はあります。

3日間

ジムで使用→普通に洗濯

を繰り替えしましたが、いまのところ悪臭なし。

効果ありそうです。

まとめ

洗濯直後なのに、汗をかくと悪臭を放つようになったスポーツウェアは、まず中性洗剤で軽く洗ってから、洗濯機で普通の洗剤を使って洗うと効果があります。

毎回スポーツウェア用洗剤を使うのもいいですが、劇的な効果を感じるわけではありません。

洗った直後なのに臭くなるまでの洗濯回数を遅らせるくらいの効果はあります。

スポーツウェアが、洗った直後でも臭くなる状態になたら、中性洗剤でで洗ってから洗濯機で普通に洗った後は、毎回スポーツウェア用の洗剤を使うと、臭いを発生しにくくなると思います。

スポーツウェア用洗剤は「予防策」と言う感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました