旅行先でも使える、ジムで便利な薄底シューズ

ジムに行くときの荷物でかさばるのはシューズです。

シューズだけで荷物が倍になります。2倍以上かも。

出張や旅行先でジムを利用したいと思ってもシューズがかさばると嫌になりますよね。ホテルのジムではシューズは自分で用意するのが基本だし。

東南アジアだとローカルなマーケットで使い捨ての安いシューズを探すこともありますが、数か所を移動するには邪魔だし。

薄くて持ち運びしやすいシューズを選ぶのがいちばんです。

この記事では、ジムの筋トレマシンとトレッドミルに使えるタイプですシューズを紹介しています。

SAGUARO:ベアフット トレーニングシューズ ポータブ メンズ レディース 22.5-29cm

  • サイズ:22.0〜29.0(cm)
  • 表地:ポリエステル
  • ソール素材:ゴム
  • 靴幅:3E

見た目には5本指のように見えますが、中は普通のシューズと同じ構造です。

5本指ソックスのように別々には分かれていません。

ベアフットシューズは、裸足に近い感覚で使うシューズです。
ランニングのときはかかとからではなく、ツマ先から着地する感じで使います。

トレッドミルでのランニングなら、道路のランニングと変らず利用できます。

テスラ:ベアフット ランニングシューズ BK30 メンズ

  • サイズ:25.0〜30.0(cm)
  • ソール:合成底
  • 靴幅:2E

テスラ:ベアフットランニングシューズは3種類ありますが、これが一番底が薄いタイプです。

デザインは次に紹介するBK-40は5本指の見た目ですが(中は分かれていない)こちらのBK-30は細身になっています。

底が薄いので路面のランニングで石を踏むと激痛が走りますが、ジムでの使用ならその心配はないでしょう。

テスラ:ベアフット ランニングシューズ BK40 メンズ

  • サイズ:25.0〜30.0(cm)
  • ソール:合成底
  • 靴幅:2E

テスラにはBK-30というモデルもありますが、ご紹介するBK40は少し底が厚くなっています。

インソールも入っているので普通のシューズのようにも使えます。
素足に近くて、それなりにしっかり、のバランスが良いシューズです。

メレル:フィットネスシューズ ベイパーグローブ3 メンズ

アウトドア用シューズで有名なブランドです。

「ベイパーグローブ3」は、細かく種類が分かれ、

  • ベイパーグローブ3ラックス
  • ベェイパーグローブ3ルナ
  • ベェイパーグローブ3ルナレザー

などがありますが、素材の違いです。

ソールは凹凸が少ないのでスタジオ向き。ジムで利用するには向いています。

メレル:フィットネスシューズ ベイパーグローブ4 メンズ

ベイパーグローブ3よりもソールがしっかりしているのがベイパーグローブ4です。

ジムで使う場合でも薄いソールはちょっと不安という人は、こちらのタイプが使いやすいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました