メガネをきれいにするなら中性洗剤が便利

メガネ

汚れたメガネを拭くと汚れを広げるだけのことがありますよね。

最近のメガネはコーティングが丈夫なのでハンカチでも表面が傷つくことは少ないと思いますが汚れを広げるのでは困ります。

メガネを布でふき取るばかりだと、レンズについた油汚れや、細かな粒子は取れないか、取れても布に吸着して何回もふき取るとレンズの傷の原因になります。

メガネはアウトドアで使ったり、外で雨に降られたときには特に汚れが付着するので、布でふき取るより洗った方が安心です。フレームやツルに汗もつきますからね。

メガネを洗うのは中性洗剤で十分

メガネを洗うのは台所用中性洗剤で十分です。

メガネを洗剤で洗うのは3つの汚れです。

  1. レンズ表面の油汚れ
  2. レンズ表面の細かなチリ、粒子
  3. フレームの汚れ

3種類の汚れは中性洗剤で落とせます。

落とすときは「泡立ては不要」です。メガネの汚れを落とすのに中性洗剤を使うのは、洗剤に含まれる界面活性剤です。

泡がなくても界面活性剤は有効だし汚れも落とせます。

泡を立てると、どこを洗っているかわからなくなりますよね。メガネは複雑な形をしていて細かな部品もあります。

食器のようにスポンジを使うのは大雑把すぎるしレンズの表面を傷つける危険もあります。

流水でレンズの表面のホコリ、ちりを落とす

中性洗剤を使う前に流水でレンズの表面のホコリやちりを流しておきましょう。

水の勢いは軽くで十分です。

海や山などのアウトドアに行くと細かな砂がレンズに付着することもあります。
細かな粒子は、中性洗剤洗うより流水で流すほうが落とせます。

フレームとツルの部分にネジが使われているなら強い水を当てないほうがいいですよ。ネジの部分に使われている油が流水で洗い流され、ツルの曲げ伸ばしが硬くなることがあります。

僕は、水でネジの油を落としてツルの曲がりが硬くなてメガネ屋さんで油をさしてもらいました。

中性洗剤を指につけてレンズをなでる

中性洗剤でレンズを洗うときは、指の腹に中性洗剤を着けてレンズを軽くこすります。

泡は立てなくても中性洗剤の界面活性剤の働きで、レンズの表面の油汚れは落とすことができます。

レンズに軽く指でこすったら洗い流します。

流水で洗い流す

中性洗剤を流水で流すときも強すぎない水量で落とします。

洗い終わりの確認のために指で「キュッキュ」とすると指の皮脂がレンズにつく可能性があるのでやめたほうがいいですよ。

ざっと流水を当てれば中性洗剤は落ちます。

ティッシュで水分を拭き取る

水分はテッシュで軽く拭き取ります。

僕は、ティッシュ2枚くらいで水分を拭き取っています。
ツルやネジの部分の水分も落としておくのがいいですよ。

ティッシュで拭き取って曇るところがあるなら、汚れが残っている部分です。

ひどいならもう一度中性洗剤で洗うのがいいですが、軽い汚れならテッシュで拭くか、清潔なレンズクリーナークロスで拭くとほとんど落ちます。

仕上げ

仕上げに曇りどめスプレーをしてクロスで拭いておくのがいいですね。

日本の夏は、エアコンが効いた室内から蒸し暑い外気の中に出るとレンズが曇ることが多くなりました。

まとめ

メガネのレンズが汚れても気にならない人もいますが、視力に良くないし、汚れたままだとレンズを傷つける原因にもなります。

メガネの表面は紫外線の防止など色々なコーティングがしてあり、汚れていると効果が薄れるのでレンズは清潔にしておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました