【ブラウン電気シェーバー M-90 レビュー】カバーとキワ剃り刃が便利

持ち物

小型電気シェーバーを日常使いにしているsatoです。

自宅でも旅行に行くときも同じシェーバーを使っています。

長年パナソニックのES3832P-SやES4815P-Sを使っていたのですが、ブランド「ブラウンM-90」を使ってみました。

M-90はひげそりのカバーと清掃用の小さなブラシが組み込まれたシェーバーです。

旅行のバッグに入れてたシェーバーのカバーが外れ、ポーチの中がカスだらけになった苦い体験を持つ僕にはカバーがはずれない構造はポイント高いです。

丸洗いできる小型電気シェーバーブラウンM-90の使い勝手をレビューしていきます。

ブラウンM-90の外観と付属品

 

付属品は清掃用ブラシのみ(+単3乾電池2本)。

ブラウンM-50外観

ブラシは本体に収納できます(写真右)。

 

回転式のカバーが印象的なデザインになっています。

このカバーは取り外すのではなく、使うときには180度回転させる構造になっています。

小型シェーバーのカバーは、旅行で持ち運ぶうちに、

  • バッグの中でカバーが外れる
  • ホテルの洗面台にカバーを忘れて紛失

のどちらも経験しています。

旅行中ジップロックに入れて持ち運んでいました。

カバーを外さなくてよいM-90を見ると、僕と同じような体験をした人が多いのだろうと思います。

 

ブラウンM-90のサイズは、カバーの構造上すこし大きめです。

厚みはどちらかと言うと薄め。

パナソニックES3832P-Sと比べてみました。

平べったい形のシェーバーです。

左:ブラウンM-5、右:パナソニックES3832P-S

 

薄めのマルチパターン網刃

ブラウンm-50の刃

ブラウンM-90の刃は厚みが薄く、肌に当たる面積は少なめ。

刃が当たる線を移動させながらヒゲを剃っていく感じです。

僕は口ひげがあるので、先の細いM-90は境界線を整えるのが楽です。

ヒゲ部分は自宅ならヒゲトリマーを使うのですが、数日の出張に持っていく気にもなれません。M-90でヒゲの境界を整えられるのは便利です。

ヒゲはとりあえず境界をそろえておくと「手入れしてる感」を出せます。

マルチパターンの網刃は、不揃いなヒゲでも剃りやすいということのようです。

とくに剃り味が良いとも思えませんが。悪いわけでもありません。

小型シェーバーですから、携帯がいちばんということです。

わたしは日常使いしていますが。

丸洗いできる

ブラウンM-90は流水で丸洗いできます。

ヒゲのカスを取るには丸洗いできるのがいちばんです。

ブラシで清掃するだけだと臭くなってくるんですよ。

説明書にも毎回水洗いするように書いてあります。

面倒なので僕は毎回洗うわけではありませんが

洗うときは、液体ソープをつけてスイッチONにすしています。

もっとしっかり洗うなら刃を取り外して、中の部分も洗ったほうが確かです。

刃を取り除いた状態で水洗いしても良いのかどうか、説明書には書いてありませんが、刃をつけたまま水洗いしても防水面は変わらなそうなので、外して水洗いしています。

コツが必要キワ剃り刃

ブラウンM-90には小さなキワ剃り刃が付いています。

カバーを180度回転させた状態でキワ剃り刃をスライドして出し、スイッチONにして使います。

もみあげ、ヒゲの境界、長くなったヒゲ、などに便利に使えます。

これなら旅行中にヒゲが伸びてしまっても小型のハサミは不要です。

ハサミは飛行機に持ち込めないので、バッグひとつで飛行機に乗るときは現地のコンビニでハサミを買い、ホテルに捨ててきてました。無駄だと思ってたんですよ。

こんな小さいのに電動で動くのが不思議なくらいです。

ただし、小さいので鏡に近づけないとどこを剃っているのかわかりません。

視力が悪い人には辛い。

僕は老眼鏡をつけてキワ剃りしています。

小型シェーバーなので、しょうがないですね。

でもあると便利な機能です。

旅行にトリマーを持つ必要がなくなりまいた。

ブラウンM-90レビューまとめ

ブラウンM-90は、切れ味は「普通」ですが、

  • 回転式のカバー
  • 丸洗い
  • キワ剃り刃

が便利すぎて旅行には手放せなくなりました。

キワ剃り刃は小さいので慣れが必要ですがほんとに便利ですよ。

created by Rinker
ブラウン(BRAUN)
¥2,240 (2019/11/17 18:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました