ジムで練習した初心者がハーフマラソン参加し、なんとか完走した

運動

去年はじめてハーフマラソンを走りました。

途中、歩いた部分もありましたが、最後は走ってゴールできました。

タイムは2時間半。

かなり遅いですが。

ジムのトレッドミルで練習して、大会前に何度か道路で練習。

10キロを1度走っただけで大会に参加しました。

10キロ走れるなら大会で20キロはなんとかなる、らしい

ハーフマラソンは、練習で半分の10キロ走れると、大会では完走できると言われています。

本番はテンションが上がるので、普段の倍の力がでるのでしょう。

実際、僕も半分の10キロまでは練習しました。

できれば実際の距離を走ることができればいいのですが、20キロ走るのは時間がかかります。それにいきなり20キロは走れません。

普段は、ジムのトレッドミルで練習していただけです。

時間にして30分。4キロくらいです。

練習のために実際の道路を走ってみてトレッドミルと道路の違いを実感しました。

トレッドミルと道路は、ぜんぜん違う

トレッドミルで走るのと、道路を走るのは感触がかなり違います。

非常に身体が重く感じられました。

トレッドミルでは軽やかに走っているつもりだったのに、道路を走ると足が重くてたまりません。今日は体調が悪いのかと思ったほどです。

それには理由がありました。

トレッドミルは、足元のベルトが自動的に回転するので、推進力は必要ないんです。

足を上げるだけで前に進む感じです。

でも、道路を走るには自分の足で体重を前に進めなければなりません。

当たり前のことですが、自分で走ってようやく分かりました。

道路の練習で4キロから10キロまで伸ばす

道路のランニング距離を4キロから10キロに伸ばしていきました。

距離を伸ばすコツは、毎回少しずつ走る距離を伸ばしいくことです。

無理やりでも走る距離を伸ばさないと、自然に走る距離が長くなることはありません。

毎回同じ距離を走っても楽に走れるようにはならないでしょう。

 

毎回距離を伸ばすときの問題点は「どこを走るか」ということでした。

5キロくらいなら走るコースはすぐに見つけやすいのですが、10キロになるとコースを決めるのが大変です。

同じコースを回るのは、何周したのか忘れてしまうので、やめることにしました。それに楽しくないですし。

走る前に「キョリ速」を使って走るルートをみつけました。

10キロを走ったのは1回だけ

走ったのは週に1回。

毎回1.5キロくらいずつ伸ばしていき10キロを走って最後の練習にしました。

道路を実際に走ったのは6回ほどです。

最後は8キロ、10キロと無理やり距離を伸ばしたので練習でもバテました。

実際のレースではどうだったか

かなりバテました。

とくに、自分の最長距離10キロを過ぎたあたりは苦しく、歩いたりもしました。

ランニング・ハイという言葉がありますが、僕にはまったく感じられませんでした。走り慣れた人のものかもしれません。

10キロを過ぎたあとは、道路脇に1キロごとに表示されている距離数を見ながら、1キロごとに刻んでいった感じです。

予想外だったのはハーフマラソンは21キロあることです。

自分でかってに20キロだと思い込んでいました。

パンフレットもロクに見ないで参加した自分も悪いのですが。

この1キロの違いは痛かったです。

あと1キロと思ったら、あと2キロとわかったときはショックでした。

最後の1キロは100メートルごとに表示があり、残りメートル数が減っていくのを確認しながらなんとか完走できました。

ゴールをくぐるときには全速力で走ったつもりです(周りから見れはヘロヘロだったかもしれませんが)。

まとめ

ハーフマラソンを走るには半分の10キロまで練習できれば、あとは気合でなんとかなりました。

トレッドミルと道路の感触はかなり違うので、トレッドミルに慣れている人は、実際に道路を走っておきましょう。

トレッドミルの練習だけでいきなり大会に出ると、自分が持っているイメージと違って身体の重さに悩まされると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました