【UNISONDEPT UDO – SHOULDER BAGレビュー】ボディバッグとして使える

リュック・バッグ

ショルダーバッグといいながらボディバッグに使えるバッグです。

10年以上同じデザインのまま販売され続けた定番商品です。

僕自身10年以上使いましたが、ヘタれることもなくいまだに形を保っています。

厚手の丈夫な革製

UNISONDEPT UDO – SHOULDER BAGは厚手の革でできています。かなりゴツい革です。

厚い革は重くなりがちですが、バッグのサイズが小さいのでまったく気になりません。

むしろ革が硬いので型崩れがありません。

僕のバッグは、実はもう10年も使っています。

革の質感が変わってきてツヤが出ています。革ならではの経年変化ですね。

使う頻度は少なめですが、10年使って型崩れしないのは驚きです。

革が厚いので、カメラをそのまま収納しても不安がありません。

レンズが大きなカメラはそのままでは収納できませんが、街歩きに小型のカメラを収納するくらいなら十分な強度があります。

中央に仕切りがある

バッグの中央に薄いポケットが仕切りの役割を果たしています。

小さくても厚みがあるので、仕切りがないとバッグの中身が混ぜこぜになってしまいます。

中央の仕切りがバッグの整理を容易にしてくれます。

財布・キーなどは中央の仕切りに収まります。

あまり入らない外のポケット

外側の身体側に小さなポケットがあります。

長財布や二つ折り財布は入りませんが、5.5インチにスマホは入ります。キーをここに入れてもいいと思います。

この小さなポケットの使いみちを思いつかないので、僕はほとんど使っていません。

ベルトを留める位置を選べる

金属のバックルが、左右の外側と、バッグの内側に2つずつあります。

2wayに使えるため

ベルトを付け替えることで自分に合った位置でフィットさせやすくなります。

ボディバッグとしての使い方は、人によって「右が上」「左が上」の好みがあります。

UNISONDEPT UDO – SHOULDER BAGはボディバッグとして使うには厚みがあるので、ベルトの位置を調節して浮かないようにすと使いやすさが上がります。

もとはショルダーバッグなので、ボディバッグとしての使い方は想定外なのかもしれませんが。

 

ベルトの取り外しは簡単です。

簡単なわりに外れにくいので着用中に外れる心配はないでしょう。

ベルトの取り外しは、あるとき試行錯誤したらその後は頻繁に変えることもなさそうなので金具がゆるくなることはないと思います。

ボディバッグに使うにはベルトが長い

繰り返しますが「UNISONDEPT UDO – SHOULDER BAG」はショルダーバッグなのでベルトが長めです。

ボディバッグとして買った別のバッグもベルトが長いので、もしかするとユニゾンデプトの標準の長さなのかもしれません。

モデルさんの写真を見るとウェスト近くにバッグがあります。

でも僕は腰より上の背中に配置させたい。それにはベルトを短く調節する必要があります。

ベルトの穴を最短に調節するとベルトが余ります。

そのままだとじゃまなので、余ったベルトの先は金具をさらに通して上まで伸ばしています。ベルトの革の厚く硬めので、ベルトの先を上向きにしてもじゃまになりません。

ファスナーで開閉する範囲が広い

ファスナーは3辺まで開きます。

内側の布がジャバラ状になっているのでファスナーを全開しても中のものが飛び出しにくいようになっています。

ファスナーの空きが小さいと中の小物を取り出しにくくなります。

自宅に戻ってバッグの中身を入れ替えるときなど3辺が開くのはすっきりして使いやすいです。

バッグの中のゴミを掃除するにもいいですね。

10年以上前から変わらないデザイン

僕がこのバッグを買ったのは今から10年以上前。

いまでも同じモデルが販売されています。
個人的にはショルダーバッグとして使うのはデザイン的に難しい気もしますが、ボディバッグとしては十分使えます。

このまま行けば、デザインが古びないまま使い続けることができそうです。

品名:UNISONDEPT UDO – SHOULDER BAG
サイズ:W345×H155×D70
色:キャメル、ブラック(他は売り切れ中)
素材:イタリアンレザー
価格:35,000円(税抜き)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました