TROIKA CONSTRUCTION LILIPUTボールペン

筆記具

82ミリの小さな、それでいて太さは鉛筆なみ、重さもそれなりに感じるボールペンです。

スタイラスペン、ドライバー(+、ー)も付いています。

 

持つと小さいのがわかります。

ボディの頭の部分はスタイラスペン(静電容量方式)になっています。

頭を外すと、ドライバーが登場。

反対側を差し込むと、+とーを入れ替えることができます。

ドライバーの部分は本体のマグネットに吸い付けられているので下向きにしても落ちません。

本体には4センチまでの定規が付いています。(インチの目盛りもあり)。

 

ボールペンの芯は、先端を回転して出すタイプ。

ノック式ではありません。

 

芯は本体に1本入っているほかに、替芯2本が含まれています。

芯が3本あれば、このボールペンをメインに使わない限り、替芯を買わなくても長持ちしそうです。

替芯(レフィル)はTROIKAの公式サイトから購入可能。

 

色は、写真のレッドのほか、イエロー、ブラックなど全部で6色あります。

 

小さく「かわいい」ように見えて、重さもゴツさもあり「メカ」を感じるボールペンです。

 

大きさ:82(長さ)x 8(太さ)(mm)
重さ:13(g)
油性ボールペン(黒)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました