SPINGLE MOVE SPM-110 Black カンガルーレザー

カンガルーレザーを使ったタイプです。

カンガルーの革は牛革と比べると、

「つるん」としてやわらかい感触です。

「軽くて強度もある」とWebサイトにはあります。

僕は、カンガルーレザーを使ったSPM-198を何年も使っていますが、やわらかくても強度は十分だと思います。

軽いかどうかは履いていて感じません。

フィット感が良い

やわらかな革なので、ヒモをきちんと締めるとフィット感が良いです。

牛革のスニーカーだと、履き続けると自分のクセのような「シワ」がよってきますが、カンガルーは目立ちにくいです(たんに革が黒いからかもしれませんが)。

ヒモの色は替えられる

スピングルムーブは11色のヒモを別売しているので、交換すると印象が変わると思います(試してません)。

ヒモの明るさがアクセントになっていますが、もう少し暗い色でもいいかなと思います。

暗めのソール

ソールは暗めです。

特徴的なソールの巻き上げは同じですが、色が暗めなので、落ち着いた感じです。

ソールはスピングルムーヴの特徴であるバルカナイズ製法です。

バルカナイズ製法とは

  • ゴムに高圧を加えて硬化させ
  • 接着剤を使わずに、アッパーとソールを結合させる

方法です。

  1. 型くずれせず
  2. ソールがはがれにくく
  3. 屈曲性に優れている

というのがメリットです。

スピングルムーヴのバルカナイズ製法のソールは、上まで巻き上がっているのが印象的です。

ですが、色が暗めなので強調されていません。フォーマルな場所でも問題なく履いて行けます。

ヒモを暗めにしたらもっとフォーマルで違和感がないかもです。

踵が痛い?

スピングルムーブSPM-110シリーズに共通なのですが、踵が当たる部分(アッパー)が1枚のままになっています。

多くの靴はこの部分に薄いクッション状態になっていて、踵へのあたりが柔らかくなっています。

スピングルムーヴのレビューを見ると「踵があたって痛い」というレビューをいくつか見かけますが、僕自身は何足か履いているのですが、あたったことがありません。

個人の足の形や履きグセもあるので、使ってみないと分からないかもしれません。

(他の靴で踵が当たって痛くなることもあるので、相性みたいなものがあるのかもしれません)。

***

スピングルムーヴのサイズは、XS〜XXLまで8段階になっています。

スピングルムーブのシューズは幅が狭いので、サイズを選ぶときに普段の自分のサイズより大きめを選ぶようにしています。

スピングルムーヴによると、足の先が余るのは「捨て寸」というデザインなのだそうです。

足の幅が広めの人はチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました