ビジネスにリュックはダサい?

リュック・バッグ

ビジネスリュックを使う人が増えてきましたね。

でも、ビジネスリュックはダサい、マナー違反と言う声もあります。

その声に、ビジネスリュックを愛用している僕が反論してみました。

さらに、ビジネスに使っても違和感のないリュックはどんなデザインかについてもまとめました。

ビジネスにリュックはダサいという理由

そもそも「ダサい」というのはリュックに限らないですよね。スーツも、靴も、髪型も、なでもダサいと言えます。

なぜわざわざ「ビジネスリュックはダサい」と言うのか?

会社や仕事の中にリュックがある風景に慣れていないからです。見慣れないから違和感がある。それを「ダサい」ということで「会社にリュックを持ってくるな」という意見を正当化しようとしてるのではないかと思っています。

スーツに合わない

「スーツはフォーマルだからリュックに合わない」という声を耳にします。

スーツといっても様々です。披露宴や何かの式典に着るスーツならフォーマルですが、普段の仕事はそこまでフォーマルではないと思います。

「そんなにフォーマルならクールビズしないよね」と思うんです。

ネクタイしないし、そもそも上着なしならスーツじゃないし。

型くずれしたショルダーバッグ持ってるより、スッキリしたリュックのほうが場にふさわしいと思いますけどね。

無難なビジネスバッグを選ぶよりは、厳しいチェックにあってしまうのが現実です。

ビジネスシーンで使えるリュックについて後半にまとめました。

社会人に合わない

社会人に合うかどうかも「リュックのある風景」にみんなが慣れているかどうかだと思います。

高齢で仕事を引退した人に「社会人」という言葉は使いませんよね。

ざっくり言えば「社会人」と「***働いている人」はほとんど同じ意味かと思います。

ビジネスにリュックのデザインは、あまり主張しすぎず、ほかのビジネスバッグのシルエットとも違和感がないデザインを選べば、だれも気づかなくなるはず。

そういえば、仕事にトートバッグを使っている男性も増えましたね。

リュックの姿も見慣れてしまえば言われなくなると思います。

今でも以前は「ふさわしくない」と言ってた人が使ってたりするんですよね。慣れです。

営業には向かない

「営業にふさわしくない」という意見は2つの側から発せられます。

  1. お客さんがそう思う
  2. 同行するパートナー(たいてい上司)がそう思う

声が大きいのは2の上司のほうでしょう。

お客さんが言うのか? 中には言う人いそうですね。本人が帰ったあとに言ってるのを耳にしたことがあります。

リュックだから仕事に支障がでることはないと思いますが、ビジネスリュックは2wayにしておくのが無難です。

ファッションの難易度が高い

無難なビジネスバッグにくらべて難易度は高いと思います。

これも見慣れてないからです。

「センスが良ければゆるす」みたいなことを言われてしまうわけです。

でも、その主張が分からないわけでもありません。

アウトドア用リュックなどカジュアルすぎる製品だと仕事には浮いてしまいます。

シャツもジャケットもカジュアルからビジネス用まで種類があるように、リュックも仕事にふさわしいデザインを選べばいいわけです。

ビジネスに使えるリュックの条件

ビジネス用リュックの製品は増えてきたので、選択肢が増えました。

ビジネスに使えるリュックの条件を考えてみました。

アウトドアのリュックは避ける

機能満載、ポケットも多い、左右にペットボトルや傘を収納できる、といった「便利な機能」は多すぎるとアウトドアっぽくなります。

ビジネスバッグやビジネスシューズでは、外側はシンプルで機能豊富じゃないんですから。

ビジネスリュックも外側に機能性を求めないほうがビジネスでは使いやすいです。

色は黒

ビジネススーツ、ビジネスシューズは黒がほとんどなので、ビジネスリュックも黒が無難ですよね。

グレーも合わせやすいと思います。

黒のリュックでも、パーツに色が使われているとビジネスに合わせるのは難しくなります。

ベルトや縁取りの部分が別の色のレザーを使ってるとか、リュックだけを見るとデザインが良さそうですが、仕事で着る服に合わせるとウキます。

なぜなら、上着から靴まで、ほとんどの人はモノトーンですから。バッグだけ、しかも縁取りだけ色が入っていると間違いなくウキます。

それをダサく見えないようにクリアするには難易度が高いと思います。

シルエットは四角

ビジネスリュックのシルエットは四角、角があるほうがビジネスっぽくなります。

グニャっとしてたり、洋ナシ型のシルエット、角がなく全体に丸みがあるシルエットはアウトドアっぽく見えます。

ビジネスリュックには四辺が直線のデザインが使いやすいですよ。

薄型はビジネスっぽい

リュックにあれもこれも詰めると、厚みが出てしかも、底のほうが膨らんできます。

でっぱったリュックは電車やバスの車内で嫌われますから、薄めのデザインを選びましょう。

厚みがあって重そうリュックは見た目にも、暑っ苦しいし、まちがいなく汗かきますから。

デザイン選ぶときは、多少詰め込んでもシルエットが壊れないデザインを選ぶのがいいでしょう。

自分の背中に収まるサイズ

アウトドアやバックパッカーのリュックには大きなサイズがありますが、ビジネスに使うには自分の背中からはみ出さないくらいが良いと思います。

大きなバッグを毎日使い出すと、余分なものまで入れるようになりますよね。

できるだけ中身を絞って薄めのサイズを選ぶのがいいでしょう。

まとめ

ビジネスでリュックで「ダサい」と言われるのを避けるには

  • 色は黒
  • シルエットは四角
  • 薄型はビジネスっぽい
  • 自分の背中に収まるサイズ

に気をつけて選んでおけば間違いないでしょう。

「無駄がなくシンプル」がビジネスには向いています。

50代男性が使いやすいビジネスリュック
50代男性が仕事に使いやすいビジネスリュックは3つの条件を押さえておきましょう。 シンプルなデザイン シックな色 2wayの使い方ができる ボディが黒でも、ベルトやジッパーのつまみ部分などが明るい色だとアクセント...
見た目の印象を良くするビジネスリュックに求められる条件
リュックをビジネスに使うには場違いのデザインを選んでしまうと残念な結果になります。僕は以前、機能重視で選んでたので残念さを垂流してたと思います。 ビジネスに使うリュックにふさわしいデザインを選びましょう。 デザインだけじゃないで...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました