50代男性ファッションはどうすればいいのか?

持ち物

50代男性になってファッションを気にしてもどこから手をつけて良いのかわかりません。

50代だと思って見たら40代の延長だったり、「ダンディな白人」モデルばかりで真似しづらいことも多いです。

この記事では50代男性が、オシャレ過ぎず、無難過ぎず、「ちょっとイケてるくらい」のファッションの考え方を紹介します。

雑誌やWebのファッションサイトで探すのはむずかしい

思い立って雑誌やファッションサイトで探してもどれが向いているのか見つけるのは難しいです。

ありがちなのは、50代モデルが「コテコテ」の場合。自分と比較しても共通点がなさすぎて参考にならないでんすよね。

それに、ファッション雑誌やサイトは初心者のことを考えてない感じです。いきなり今年のトレンドと言われても、去年までのことを知らないと分かりません。

ファッション誌を読んでも分からないし、雑誌の写真だけ眺めるという習慣もないんです。それで写真をぼーっと眺めて、何も思いつかないわけです。

さらにファッション誌やサイトは、無難な組み合わせは絵にならないのか、難しそうな組み合わせが多いですよね。この組み合わせ着ても浮いちゃうだととうのが多くりあす。そんなヒゲないしっって感じですかね。

50代のファッション雑誌にはいまだバブルのようなものが多く、50代カジュアルは少ないのも男性用ファッションの特徴です。

そもそも、女性誌と比べて男性誌は少ないので選択肢が限られてしまいます。自分がこれという雑誌やブランドを見つけたら継続すると自分のファッションにパターンが出ます。

50代ファッションの基本

身体に合ったサイズを着る

「自分に合ったサイズ」なんて当たり前に思えますが、以外と合ってない人が多いです。とくに体型に自信がない人は大きめのサイズを着てしまいがちです。

50代になるとお腹・腰回りが大きくなってくるのでシャツもズボンもお腹似合わせるとダボダボになりがちです。

身体のキレも悪くなるし、ゆるいサイズが楽だからと、ゆるいサイズばかり着ていることになるんです。

でも、楽なファッションは見た目の緊迫感を失いがちです。そもそも50代のおじさんですからゆるくすると際限なく弛緩します。

清潔感出してオシャレ度を少し上げるには多少我慢も必要です。

一点豪華主義はだめ

気に入って買ったのにポツンと浮いてしまって他と合わなかったとうことありますよね。僕はこれまで何度も繰り返したことか。

せっかく買ったのに結局タンスの肥やし(古い)になると残念です。

シャツでもズボンでも自分の持っている服に合うかどうか考えて選ぶようにしましょう。

でも、店で試着すると上着だけなのに上下そろえて試着してしまい、似合ったような気になって家に帰って失敗に気づくということもありますから、

フォーマルすぎない・カジュアル過ぎない

長年スーツばかり着ているとカジュアルウェアを選べなくなってくることが多いです。

70代だといきなりゴルフウェアになる人もいますよね。

カジュアルウェアは部屋着とは違うので「楽」だけで選ぶのもだめだし、適度な緊張感も大事なんですよね。

カジュアル=楽な服じゃないです。

オシャレするためにはカジュアルのほうが組み合わせなど気を使いますよね。会社のスーツだと決まるのにカジュアルであったら「んー?」ってこと、よくあります。

さっぱりと・コテコテは重たい

雑誌のモデルさんは派手な色でも着こなせますよね。モデルが仕事だし、50代のモデルってそもそも顔立ちが派手な人多いですよね。

30代くらいのモデルさんと違って「渋い男」を演出し過ぎなんじゃないでしょうか。

おじさんのファッション評論家たちもコレステロール満載みたいなファッションの人多いです。

ショップで試着してあれこれまとめて買うと、コテコテなファッションになることがあります。店で試すときはテンションが上がるし、セールストークも上手いし、そもそもファッションの店ですから、オシャレな服に囲まれているというのもあると思います。

自宅に戻ってゆっくり考えるとその組み合わせでしか着る機会がなかったりします。

試着するときは、今着ている服に合わせて上下別々に確認しておくと、手持ちの服から浮かないデザインを選べます。

まわりのアドバイスを聞き入れる

セールストークに惑わされるなという話とは逆に「まわりのアドバイス」にしたがってみるのも大事です。

自分だけで選んでいると長年同じテイストの服ばかりになりますから。

「これは自分だったら選ばないけど気にいった」というデザインを選んでもらえることもあります。

30代に似合っていても50代では似合わないかもしれません。他人の目で選んでもらうのも役立ちますよ。

ファッションの幅を広げるためにも他人のアドバイスに耳を傾けましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました