ひび割れ加工の牛革。SPINGLE MOVE SPM-195 RED

スピングルムーヴ(Spingle Move)SPM-115 REDです。

はじめて買ったスピングルムーヴです。

特徴的なソールが目につくスピングルムーヴの中でも、ソールのゴム感が強く、先がとがって見えるのが気に入って買いました。

SPM-115は牛革です。スピングルムーヴで多く使われているやわらかなカンガルー革とくらべると「SPM-115はちょっとゴツイかな」という感触です。

表面に細かなシワ(細かなひび割れ)があるのは、ヴィンテージ加工によるものだそうです。

わたしが持っているREDは、赤というより赤茶くらい。ビンテージ加工のために赤の色が浮きすぎず、カジュアルなパンツにも合います。というかフォーマルに使うのは難しいかな。

表面のつや消し感がカジュアルさを出しています。

革製品を水につけてしまうとガサガサになってしまいますよね? SPM-115の表面は、そんな手触りです。厚めの1枚革の靴を履いている気分です。

全体は幅細で甲が低いタイプ。サイズを決めるときは、足の長さではなく、足の幅に合わせるのが適切な選び方です。幅が合えば、つま先に遊びが出てもいいわけです。

自分では、広幅、甲高だと思っていますが違和感がありません。つま先に遊びがあるのにホールド感が良いのは、甲が低目でしっかり抑えられているからかもしれません。

ソールは、白でもなく半透明な輪ゴムの色です。文房具の「ゴム」感ですね。ただし、輪ゴムの材質とは違い、ソール用のゴムなのでベタついたりしません。

スピングルムーヴのソールは特徴的なバルカナイズ製法を使っています。ゴムを高圧で圧着してさせる製法で、しかも、表側にソールが巻き上がっているのが特徴。

巻き上がりで、このゴムの色は印象に残ります。

踵は浅め。

しかも、補強が革一枚なので、アキレス腱に当たりそうだけど、わたしは痛かったことはありません。

踵部分が薄いから、靴べら使わないで履くと伸びてしまいそうですが、指で履いているわたしでも伸びずに形を維持しています。(ほんとうは靴べら使ったほうがいいですよ)。

ソールの巻き上げ部分にまである溝は、白いタイプのゴムだと溝の汚れが目立ってくるのですが、この色は気になりませんね。

巻き上げ部分のゴムが白いと、アジアの汚れた道を歩くと、溝に入った汚れが取れなくなるが難点なんですが、この色なら汚れがきになりません。

つま先が上に上がっているので、買った直後から歩きやすいです。

つま先まで平らなソールだと、長く履いていると足の指の付け根あたりにはっきりと分かるシワができてしまうことが多いですよね。

SPM-115のこのカーブならシワができにくいです。(写真のは5年も履いているので、さすがにシワがありますが)。

スピングルムーヴは、丈夫なのでつい長く履いてしまいます。アッパーが丈夫なのも長く履ける理由だと思います。

スピングルムーヴは、ソールの張替えも行っているので、すり減っても寿命を伸ばせますね。

Spingle Move(スピングルムーヴ)PSM-115 RED
サイズ:XS 〜 XXL
材質:牛革クラッキングレザー
価格:17,280円

コメント

タイトルとURLをコピーしました